iPhoneのGmailプッシュ設定と連絡先・カレンダーの同期

iOS5.01にアップして悪化した電池消費にイラッとしながら、近いうちに出るらしいiOS5.02に期待している今日この頃。
先日公開され、バグで取り下げられたiOS版のGmailアプリが復活し、問題なさそう(というか結構良い)なのでGmail設定関連のメモを。

iPhoneに付いている上の画面のGmail設定をすればGmailは使えますが、ごく普通にメーラーにアカウント設定しただけなので、元々プッシュなシステムじゃないGmailは疑似プッシュな状態になります。iPhone的な言い方ではフェッチですね。どのくらいかよく知りませんが一定の間隔でGoogleのサーバーにメールを確認しに行って見つかれば着信します。
それで問題ないという場合は、おそらく節電になると思うのでそっちの方がいいかも。

Microsoft ExchangeでGmailをプッシュに

iPhoneでGmailをプッシュで使うには、用意されているGmailの設定でなくMicrosoft Exchangeを使います。

Exchangeをタップすると上の画面になるので、メールアドレス、ユーザー名、パスワードを入力して次へ

そうすると「サーバ」と言う項目が追加されるので、 m.google.com を入力して次へ

何を同期するのかの設定画面になるので、必要な項目をONに。
※iPhone内部の連絡先、カレンダーを使っている人は要注意。

複数アカウントでもOKです。

■連絡先の同期について
iPhoneはGoogle連絡先のグループを認識しないようで、Myコンタクトの中身のみが同期されます。なにかアプリがあるのかもしれませんが、今回は整理しながらすべて平たく編集しなおしました。そういうところはGmailはブラウザで編集できるのでそんなに苦にならないかな。エクスポートしてCSVでも編集できます。

直接関係ないですが昔書いたGmailのCSV関連のエントリはこちら
gmailの連絡先編集でメールの属性を携帯にしたい

■カレンダーの同期
カレンダーはこのままだと自分のカレンダー以外は同期できないので、GoogleSyncで別のカレンダーを追加します。
iPhoneのブラウザでm.google.comにアクセスするとGoogleのサービスが並んでいるページが表示されるので、下の方にある言語の変更でEnglish(US)に変更します。

そうすると使えるようになるGoogleSyncのアイコンをタップ。

ログインしていない場合は、ログイン画面が表示されると思うので、先ほどiPhoneに設定したアカウントでログインします。

そして表示されたiPhoneをタップ。

アカウントに登録されているカレンダーがすべて表示されるので、同期するカレンダーにチェックを入れセーブすれば完了です。25個まで選べるって書いてありますね。一つ上の画像に書いてありますが、ブックマークしておくと便利です。

iOS版のGmailアプリでプッシュ

やっとここから本命?しかもすぐ終わりそw
冒頭で書いた、バグフィックスして再登場したGmailアプリをインストールします。

このネイティブアプリはプッシュ配信してくれるんですね~。
メニューも出るし、iPhoneのメーラーより断然使いやすくて便利です。今のところマルチアカウント対応じゃないけど、いずれ対応する模様。


自分でメモ書き送ったりしてるのが・・・・・・w

現在の設定

メールのプッシュについてですが、今のところGmailアプリよりもExchangeの方が反応が速いです(受信や削除したメールの反映など)。ただ気になるレベルじゃないので、使いやすいアプリの方がいいかと思います。

・Gmailの受信はアプリで。
・Exchangeの設定をして連絡先とカレンダーを同期。

アプリが安定して動けばこれでばっちりかな。

Gmailの容量確保のためにメール整理

iPhoneと連絡先を同期するために整理していて、Gmailの利用容量も気になったのでついでに整理してます。

ゴミ箱は一ヶ月で消えるみたいだけど、全削除してみるとかなり減る。
って事は、如何に要らんメールが多いかって事。ただ迷惑メールとかではなく、メルマガ関連や、利用しているサービスの通知メールがかなりある。
とりあえず今の使い方だと一ヶ月で同じくらいの容量を圧迫するって事でしょうがないかな。

あとは、不要かどうか微妙な時にあまり気にせずアーカイブしているのも理由の一つで、未読のままで不要なメールがかなりあるのと、大きなファイルを添付したメールも原因の一つ。

未読の物のフィルタリングは出来ないようなので、添付ファイルのあるメールをフィルタリングして、古いものを削除したらかなりクリーンに!ひとまずこれで完了です。
※絵文字を使ったメールも添付ファイルとしてフィルタにかかります。

お掃除しすぎにご注意を。

Gmail Teamを名乗る怪しげなメール

Gmailから送信されてるし、すでに迷惑メールに入っているので、すぐにアカウント消されるだろうけど、念のためご注意を。

英語のニュアンスは分からないけど、翻訳だけ見ると強引すぎる言い回しですね。

メール本文

Google翻訳

Gmailの優先トレイ

先日のマルチログインに続いて、Gmailの優先トレイが使えるようになりましたよ。これは目立つのでGmailにログインすればすぐに気が付きますね。

優先トレイβ

メールをより高速に: 優先トレイベータ版
受信メールの件数が多い場合は、優先トレイを使用すると最も重要なメールが受信トレイの先頭に表示されるので、大事なメールを簡単に見つけることができます。

優先トレイ設定後

なんか開始方法のところの「重要/重要マークを外す」に違和感がありまくりだ。。。

個人的にはそこそこマメに整理しているのと、それほど大量にメールが来ないので、今のところ要らないかなと思ったりしてます。
あ、楽天用に使ってるアカウントなんかは大量にダイレクトメール来るから使えるのかな?

結構、精度がいいと何処かで見かけたので(英語版だったか?)、大量にメールが来る場合は便利なんでしょうね。

Gmailのラボにラベルのネスト機能が追加されました

こんばんは。鼻炎薬のせいで喉がカラカラカラカラなボクです。

まだラボの中ですが、Gmailに欲しかった機能が追加されました。そろそろラベルの数が30に届きそうな感じ(もっとある方はうなるほどいるでしょうが)なので、ありがたい機能です。

ラボ(右上のフラスコマーク)の中に、上の画像のような階層構造が作れる項目が増えています。これで大幅に第一階層のラベルは減らせそうです!
階層作成用のUIが準備されてるわけじゃないのと、とくに説明がないので利用方法の説明を。

上の設定を有効にしたら、フラスコマークの横の設定ボタンから入り、ラベルのタブに移動。ラベルの新規作成の窓に親階層のラベル名を入力し作成します。ここではSNSとしました。

SNSが追加されます。

次にSNSの子階層を作ります。また同じラベルの新規作成窓に、”SNS/子階層名”と入力し作成。ここではSNS/twitterとしました。そうするとラベルの一覧の中には入力したままのSNS/twitterが表示されますが、左側のナビには階層になって表示されます。

こんな感じでネストに!

あとは同じように作成していくだけです。SNS/twitter/followなどとすればさらに深くなります。

ここまでくると既存のラベルはどうするんだ?ドラッグして移動などは今のところ出来ないので、1つずつ手作業ですか・・・?なんて思うかもしれないですけど、そうじゃないです。

上に幾つか貼ってあるラベル一覧の画像のラベル名のところ。ここってどう見ても触れるように見えないんですけど、実は普通に編集できるんですよね。へぇ~~~♪ マウスオーバーすれば色が変わるのでわかりそうなもんですが、最近まで知らなかったんです。。。
なので、頭に親のラベル名とスラッシュ付ければOKです。

ずいぶんさっぱり気持ち良い感じになったので、今日は良く眠れそうです~