動物愛護管理法の改正に向けて環境省にパブリックコメントを提出しました。

Dog cat

正確には「動物取扱業の適正化について(案)」を環境省に提出しました。

動物愛護管理法(動物愛護法)は5年に一度見直しがあるようですが、現在、見直しのための意見(パブリックコメント)を募集しています。もっと早く書けばよかったのですが、募集期間は明日(8月27日)までです。

以下の文面の中に犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢(意見:8週齢)というのがありますが、5年前のパブリックコメントでは反対9500通、賛成200通だったんだそうです。あからさまに一般の人が知らなくて利益を求める業者の意見ばかりなんでしょう。

提出方法は郵送・ファックス・メールのいずれかです。
■意見提出先
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
メールアドレス:shizen-some@env.go.jp
ファックス:03-3508-9278

メールで送る場合

本来は環境省の案内文を読んで該当の箇所を示したうえで、それに対する意見を送るのですが、実際に送ったフォーマットを公開されている方がいましたので、以下に転載させていただきます。転載・コピペ提出可と言う事でしたので、ご協力いただける方はご利用ください。
参考:ジュルのしっぽ-猫日記-「パブリックコメント募集中」

1.意見提出者/●●●●

2.住所/〒000-0000 ●●●●●●0-0-0

3.連絡先/TEL00-0000―0000 E-mail ●●●●●●

4・意見

[該当箇所]
2(1)深夜の生体展示規制
[意見]
・20時以降の生体展示禁止に賛成である。
・更に1日の展示時間、連続展示可能時間、休憩時間を設定すべき(例:1日8時間、連続4時間、休憩中1時間)。

[該当箇所]
2(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化
[意見]
販売形態に限らず、動物の販売方法として、販売時の対面説明と現物確認ができない取引はすべて禁止すべきである。

[該当箇所]
2(4)犬猫オークション市場(せり市)
[意見]
・動物愛護の観点でいえば、本来オークション自体を廃止すべきである。
・動物取扱業に含めるべきである。
・トレーサビリティーの確認ができないオークションは法律で禁止すべきである。
[理由]
現在、オークションでは繁殖業者と販売業者が直接接触できないしくみになっており、トレーサビリティーが機能しない主原因になっている。せりによる価格の売買だけではなく、その後に販売業者がトレーサビリティーを確認できたことをもって、取引成立とするようにしくみを変更すれば、取引上問題ないはずである。そもそも買い手が購入する犬猫の情報を取得できないこと自体、売買取引として不健全である。監督官庁は放置すべきではない。この問題が解決しない限り、オークション問題は何も解決しないと言っていい。今回、絶対に反映すべき。

[該当箇所]
2(5)犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢
[意見]
今後、具体的に推進していくためには、海外事例が豊富な8週齢にし、規制は強制力のある法改正で導入すべき。
[理由]
前回(5年前)の改正時に事業者による自主規制を充実させる為に改正を見送った項目であり、また見送って10年先送りにするのは、一国民として絶対に認めない。

[該当箇所]
2(6)犬猫の繁殖制限措置
[意見]
・事業者による自主規制に任せるのは反対。
・犬猫共に年に2回以上、一生のうち6回以上出産させてはならないと法で規制すべき。
・犬猫共に繁殖を目的として、1歳未満のメスに出産させてはならないと法で規制すべき。

[該当箇所]
2(10)登録取消の運用の強化
[意見]
「虐待の違法性をどこが・何をもって判断するのか」は、大変重要な問題であり、現在の体制だけでも公に広めるべき(例:動物の虐待を見掛けたら、交番じゃなくて最寄の警察署へ)
[理由]
虐待現場を目撃しても、どこに通報すればいいのか知らないでいる人が多い。動物愛護の観点から見て、あまりにレベルが低い。虐待を見つけたら、一般の人はどこへ連絡すればいいのか、それがどんな体制で解決されていくのか、体制として周知すべき。

[該当箇所]
その他: 殺処分方法の改善
[意見]
少なくとも幼齢・高齢の犬猫に対しては、二酸化炭素のみによる殺処分を禁止し、麻酔薬併用の方法に改善すること。
[理由]
動物愛護の観点からも、二酸化炭素による殺処分方法は原則禁止するべき。自治体によって頭数や予算による違いがあって一律の規制が難しいのであれば、「子猫子犬」に限定して実施するなど、殺処分の頭数が減少した現在、可能なはずです。二酸化炭素による方法を選択する理由はありません。
二酸化炭素の処分について、問題があることは国も認めている以上、放置することはできません。また、今回の法改正で反映しない場合は、中央環境審議会動物愛護部会において、専門委員会を設け、特に議論することを求めます。

以上の内容をメール本文とし、意見提出者、住所、連絡先、E-mailを入力、
件名を
「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見
として、shizen-some@env.go.jpまで送ればOKです。添付ファイルではダメとの事なので、ワード等で作るのでなく直接テキストメールで送ってください。

ファックスで送る場合

上記のフォーマットを元に、糸井さんの「ほぼ日」でPDFファイルが公開されていますので、印刷(A4用紙)して提出者の情報だけ記入するのが一番簡単だと思います。
こちらのページにPDFがあります → ほぼ日「犬と猫と人間のはなし。」
ファックス送信先:03-3508-9278

環境省報道発表資料
動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集について

迷子犬情報【岐阜県関市】ミニチュアピンシャー

このエントリは熊本の@where_is_my_dogさんより声をかけて頂き、ブログ記事を転載しています。心当たりのある方は連絡してあげて下さい。

転載元:
僕はここにいるよ!…迷子の犬を探して(熊本)
~迷子札の首輪は、愛犬を助けます!~
★迷子犬(ミニチュアピンシャー)岐阜県関市稲河町

二人の息子が、お年玉を貯めて飼い始めた犬が迷子になりました。


飼い主(二人の息子)さんのお母さんからのメッセージです。
***************************************************
捜索はもちろん、少し離れた場所を含め、結構な数のビラも配布、掲示していただいているのですが、残念ながら、今だ、目撃情報ひとつ上がってこない為、こちらでも、掲載をお願いできると助かります。

上の子も小学生だったときに、二人の息子が、お年玉を貯めて飼い始め、飼い始める少し前に亡くなってしまった先代のワンちゃんに対する子供たちの傷も癒してくれた子です。世話もほとんど息子たちで分担して、年の離れた2歳の娘とも仲良しで大切に過ごしてきた家族です。
私の不注意でいなくならせてしまいましたが、一言も攻めることもなく一生懸命探してくれています。何とかして、見つけたいと思いますので…掲載お願いします。
***************************************************
優しい二人の息子さんのためにもどうにかして早く見つけてあげたいです。この写真を見て、こころあたりのある方は連絡お願いします。

【迷子犬の詳細】飼い主さんからの掲載依頼内容↓
***************************************************
【 お名前 】桑畑
【 メールアドレス 】 ykdyk@ccn.aitai.ne.jp
【 住 所 】岐阜県関市稲河町
【 TEL 】090-1863-9350
【 迷子の種別(犬/猫) 】ミニチュアピンシャー(犬)
【 性別(オス/メス) 】オス
【 年齢 】5歳
【 首輪(あり/なし) 】あり(緑色)
【 色 】チョコレート&タン

【 特徴 】
・体長40cm位(ミニピンにしては少し小さめ)
・「ピンッ」と立った耳
・背骨付近だけ少し色が薄く毛が立っているようになっている。
・尻尾・足の付け根・鼻頭・お腹の一部の毛が薄い部分あり。
・緑色の首輪
・断尾しています。
・涙をよく出します。

【 迷子になった場所 】
岐阜県関市稲河町・宮河町の境目付近

【 その他 】
人なつっこく自分からよっていきますが、立って上から捕まえようとすると逃げます。逃げた場合も、座って「おいで」と声を掛けていただければ、来ると思います。
***************************************************

迷子になった場所
[googlemap lat=”35.469666″ lng=”136.933336″ align=”undefined” width=”490px” height=”300px” zoom=”14″ type=”G_NORMAL_MAP”]岐阜県関市稲河町3−21−3[/googlemap]

早く家に帰れる事を願って。

ワンコにくぎずけ

今シーズン最後のゲレンデ。またまたおなじみ?のホワイトピア。3月28日で営業終了ですが、まだしばらく滑れそうな雪の量です。

2007年にスーパーおじいちゃん現る!って言うエントリを書いたのですが、そこと全く同じ場所で、今度は可愛らしいワンコを発見。レストハウス前にウッドデッキがあるのですが、2匹のワンちゃんはおやつ貰ったりボール追いかけたりと注目の的。レストハウスのおばちゃんもみんな見てました。

シーズン終わりでお客さんも少ないし、のんびりポカポカした一日でした。結局10本ほどしか滑ってない。。。昔は時間のある限りずっと滑ってたのに^^;

今年はバンクーバーオリンピックを見ながら、やっぱりウィスラーに行きたいと思ったシーズンでした。

ドイツ、イギリス、アメリカ、タイのペット事情

先日(1月9日)、何度も日程が変更になった番組がNHKの追跡!AtoZで放送されました。
「なぜ繰り返されるペットの悲劇」
http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/file/list/100109.html

肝心の里親詐欺の件も含め、熊本市の取り組みなどが紹介されていて良かったのですが、あまりにも放送時間に見合った内容ではなく、ほとんど要点のみな感じで残念です。
以前に転載させていただいたブログを拝見したら、本当はもっといろいろあったそうで、やはり納得いかないとの事です。
TVでは放送されなかった真実 NHK「追跡!AtoZ」

2010年1月14日追記
里親詐欺の件を知らなければ、あの放送内容で違和感ないんでしょうね。待たされただけに客観的じゃなかったのかもしれません。

2007年度の日本の犬と猫の殺処分の数は31万457匹。日本で唯一大幅にこの数を減らしている県が熊本市です。保健所に引き取られた子達が新たな飼い主の元に引き取られていく数は、全国平均でたったの5%。対して熊本市の昨年4~10月のデータは60%です。同時期に熊本市が保護したのは513頭。このうち殺処分されたのは僅か(とは言いたくないけど)4頭。きっと彼らはゼロにするでしょう。
※データは昨年の12月に日テレのNEWS ZEROで放送された数字です。

追跡!AtoZの中でドイツの事が少し出てきましたが、海外のペット事情を分かりやすく紹介した番組があったので紹介を。BS1(NHK衛星第1)で放送されている”地球アゴラ”と言う番組で、犬の日(11月1日)に放送された内容です。

ドイツ

殺処分0の国。0というかそういう施設が無い。ティアハイムという広大な面積の保護施設がドイツ全土に700箇所以上ある。第2次世界大戦前からすでに厳しい法律があったそうです。

アメリカ

こわーい兄貴達のお仕置きがあるw そしてニューヨークのエンジェルズ・ゲート(ホスピス)の紹介。

イギリス

映像の中では「とある老舗デパート」と言ってますが、イギリスでは王室御用達の高級百貨店のハロッズでしか犬を販売していません。それ以外はブリーダーから直接購入するか保護施設からもらい受けるしかない。いずれにしても環境や経済状況などの厳正な審査があり、それを通過しないと飼う事は出来ません。人間の方が選ばれるんですね。

タイ

お坊さん曰く「犬は人間と同じ動物、話が出来ないだけです」と。日本は仏教の国じゃないですね。

2010年1月14日追記
タイの現状は下の映像と違う部分も多々あるようです。殺処分も含め、政府の対応も若干違うみたい。
私達の元に届けられるメディアが作った映像は、何らかの理由で少し曲がっている事も多いって事ですね。解りやすく伝えるにはそれも必要なのかもしれません。商業的な理由はやめてほしいいですが。
※タイの情報はmuranekoさんより教えて頂きました。

地球アゴラ「犬はともだち・世界のペット事情」その1

地球アゴラ「犬はともだち・世界のペット事情」その2

地球アゴラ「犬はともだち・世界のペット事情」その3

地球アゴラ「犬はともだち・世界のペット事情」その4

地球アゴラ「犬はともだち・世界のペット事情」その5

犬と猫と人間と

以前にも紹介しましたが、あれから公開する劇場も増え、名古屋シネマテークでアンコール上映されるようなのでもう一度。
この映画は猫おばあちゃんこと稲葉恵子さんが「動物たちの命の大切さを知ってもらえる映画を作ってほしい」と言う思いから、”あしがらさん”の舞台挨拶に来ていた初対面の飯田監督に、満期になる生命保険の数百万円を提供し制作された映画です。おばあちゃんの願いはたった一つ「ただ、私が生きているうちに観せてくれれば」と言う事だったそうですが、残念ながら映画の完成を待たずにおばあちゃんは亡くなられました。

あと東海近辺では、今のところ滋賀県と長野県くらいでしょうか。映画館だけでなく自主上映もあるようですが近場(岐阜から)はないです。
名古屋シネマテークでは1月16日から1月29日まで上映予定。只今、ボクは前売り券の到着待ちです。
犬と猫と人間と

大阪里親詐欺事件のその後

先日の「国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る」で書いた里親詐欺事件の続報があったので、変更点も含め、改めてお知らせです。

まず始めにNHKの放送予定日ですが、予定していた12月12日は石川遼くんの番組になったようで、その後は年末特番が続くと言うことで、年明けに持ち越しになったようです。放送日は以下のように変更になりました。

NHK総合「追跡!AtoZ」
2010年1月9日(土曜日)
午後10時~
番組HP http://www.nhk.or.jp/tsuiseki/

大阪里親詐欺事件の続報

chocoさんすごい人ですね。以下、転載です。

詐欺をはたらき、懐かない猫を捨てていた人物もchocoさんとNHKに乗り込まれた事によって、かなり反省はしているようです。chocoさんは「おっさん」とコンタクトを取り続け、少しずつですが、どうしてあのような事をしたのかを聞き出しました。

50歳過ぎて独り者。家族からも見放され、仕事もなく変なプライドだけは強く、寂しさを猫で紛らわせていても、きちんとした飼育方法を知らない。トイレを掃除する、人間の食べ物は与えてはいけない、猫の習性etc…。知らないことだらけなのに、人に教えを請うことはプライドが邪魔をする。そんな、「おっさん」だそうです。

chocoさんは、劣悪な飼育環境で汚し放題だった「おっさん」の部屋を掃除に行き、そしてNHKの最終収録日、ある決断をしました。「おっさん」の家から引き上げた猫を2匹、きちんと譲渡契約を結んだうえで「おっさん」の元へ返すことに・・・その様子も、NHK総合午後10時~「追跡!AtoZ」で放送されます。

もちろん「おっさん」を野放しではなく、継続してchcoさんが監視と猫の飼育指導をしていきます。そして「おっさん」の居住区の連合会長さんや愛護推進委員、民生委員の方々も協力をしてくださる事になったそうです。そしてナント!警察署も!!

chocoさんからのメッセージ

朝一番で、阿倍野警察から電話。。。何事かと思えば、おっさんの話。。。全くほったらかしで、調書はそのままだったみたい。

新しく副署長が転勤。。。すべての、相談内容にチェックを入れていて、私の調書が出てきて、ほっといてはいけないと。。。この方、前は東淀川署の副署長さんだったらしい。

他にお話もあったので、連合会長を誘って阿倍野警察に・・・

おっさんの件は、どうして保留になってたのかをもう一度確認と、もう一度最初からお話し。。。NHKさんも入ってくださって、弁護士の先生も入ってくださって、お話は何とか収まった事を告げました。

この副署長さん。。。動物大好き、ご自分でも家で拾った仔猫が大きくなっている事。拾った犬も大きくなってる事をお話しくださって、あいつの話も真剣に受け止めてくださいました。

又、途中から、刑事さんもお越しくださって、今回の話を。。。やっぱり、立件は難しいし、状態を把握しても、中々。。。

今回の結果については、きちんとお話して、譲渡の書類一式と、経緯を書いたもの一式をお渡しし。。。今後、何か変な事があったときには、逮捕のお願いをしてきました。まあ、そうならないようにはしたいですが。。。

chocoさんのコメント

momoさん、ありがとうございます。そして皆様、本当にありがとうございます。私も今回、飼うという言葉の重みを痛感しました。

もちろん里親募集をさせていただいて、新しい飼い主の方との橋渡しも大切ですが、橋渡しは、其処で終わるものではなく、飼う側の責任以上に、委ねるこちらのあり方を考えさせられてしまいました。

本当に、この親父だけが悪いのか。。。
どうしてこんな事を、続けていたのか。。。
あのおやじと会い、何度も、話し合いました。

譲渡するのは、命を預けることで、渡して、終いではないってことをもっと皆さんに知ってもらいたい。そんな思いが、解っていただけたら何よりです。

転載元の記事はこちら