スタードメインのドメインをコアサーバーで利用

先日、このブログのドメイン(vayu.asia)をバリュードメインからスタードメインへ移管し、スタードメイン側のDNS設定が自動的にバリュードメインの物になっていたので、OKじゃんと思ってたのですが、いつからか繋がらなくなってました。いかに放置かって事ですね・・・^^;

ウェブマスターツールの登録がしてあったので、Googleさんから「Googlebot がサイトにアクセスできません」ってメールが来て気がつきました。なんて親切なGoogleさんw

とりあえず、他社(バリュードメイン以外)で、取得・管理しているドメインをコアサーバーで利用するためのDNS設定は、

ns1.value-domain.com
ns2.value-domain.com
ns3.value-domain.com

の3つでOKです。ドメイン管理側で設定します。今回はスタードメインで移管の際に自動設定されていました。

あとはコアサーバーの場合は受け入れる設定?が必要だったのですね。
バリュードメインにログインして、メニューの中の「無料ネームサーバー管理」にある「他社で取得されたドメインの新規管理」に進みます。

無料ネームサーバー作成

無料ネームサーバー作成画面になるので、ドメイン名を入力して登録します。
移管前に使っていたからなのか?下のように表示されるので、しょうがなく強制的に作成しました。

出来てないってば

次に、DNS設定に進みます。上の画像のリンクからでも、メニューの中の「DNS情報の変更」でもOK。管理ドメインが表示されるので、該当のドメインの変更へ進みます。

DNS設定

余談ですが、2つめの日本語ドメインはお遊びで取得して、もうずっと前に手放したのですが、バリュードメインがGMOに買収された後、お金払ってないのに復旧してます。これでいいのかGMO。

下の設定画面になるので、サーバーの契約時に割り当てられたサーバーをプルダウンから選択すると、上の空欄のところに設定が入るので保存して完了です。

ドメイン別DNS設定

もちろん、いままでコアサーバーで使っていなかったドメインであれば、独自ドメインの設定(サーバー設定に入ってドメインウェブへ)が必要です。今回は40分程で復旧しました。

WordPressのコアとプラグインの自動アップグレード(コアサーバー)

コアサーバーはPHPがセーフモードで動いていてディレクトリを自動生成出来ないので、自動アップグレードや年月ベースのフォルダに画像を整理したりする事が出来ません。画像のアップだけであれば、手動でディレクトリを作っておいてパーミッションを変更する事くらいは手間じゃないんですが、せっかくあちこち自動アップグレード出来るようになったので、コアサーバーでも使いたいですよね。.htaccessでPHPがCGIとして動作するようにカスタマイズできるようです。

以下を.htaccessに記述してwp-admin/ディレクトリに置けばOKです。

<files async-upload.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
<files plugin-install.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
<files update-core.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>
<files update.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</files>

上から

  • ファイルアップロード用
  • プラグイン新規インストール用
  • コアアップグレード用
  • プラグイン自動アップグレード用

です。
それぞれ該当のPHPを指定しているので、すべてと言う事であれば以下だけでOK。

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

注意点はファイルを保存する時にUTF-8BOM無しで保存する事。
ボクはCrescent Eveというフリーのエディタを愛用しているので、保存する時にUTF-8,改行=CR+LFで保存して適当な名前を付けて保存しアップロードして.htaccessにリネームで完了です。

若干動作が遅くなるようなので(感じませんが)すべてを指定したくなかったのですが、NextGENのギャラリーを作るのを自動化するために指定するPHPファイルが分からなかったので個別に指定出来ない;;どのファイルか誰か教えて!