1億円と星野道夫(1)

偶然なのか、何かが導いてくれたのか。。。

ある晴れた日の午後、暇を持て余しテレビを見ていた
それは学生時代のことである
特に面白い番組もなくリモコンのボタンを適当に押していた。
と、その時何か脳裏に強く残るものを感じて通り過ぎたその番組を探した。
定かではないが、総合か教育かどちらかNHKだったと思う。

いろいろな人を紹介していたのかどうか憶えていないが、
ちょうど彼の写真がスライドショウのように流れていた。
それが星野道夫との出会いである。

番組を見終わると、当時は車を持っていなかったので、
とりあえず自転車で行ける唯一の書店へ走っていった。

おそらく普通の住宅の少し広い部屋くらい(10畳ほど??)
という印象の、ごく小さなその書店に「何故か」というのは失礼かもしれないが、
彼の写真集が1冊だけあった。
少し前にテレビ画面で見た写真が、目の前に広がり、どうしても欲しいと思ったが、
私は値段を見て固まった。

「アラスカ 極北・生命の地図」
5900円(税別)!
写真集など買ったことが無かったのでよく分からなかったが、
大学が斡旋している(確か家賃が2万7千円)アパートに生活していた貧乏学生には
衝動買い出来る金額では無かった・・・

後日、結局購入したのであるが、
それまでに何度か足を運び、悩んでは名残惜しいと思いつつ帰り
それを3,4回繰り返した記憶がある。

つづく