Office Personal 2010が届いた

office personal 2010

先日、3,000円を払って申し込んだoffice Personal 2010が届きました。申込みページには”プレインストール版キャンペーン用製品”って書いてあったのですが、普通のOEM版のようですよ。どこか違うのだろうか?
office 2010から、32bit版と64bit版が出来たので、このアップグレード版も両方に対応しています。

office personal 2010 disc

中身は簡単な説明書と、ライセンスキー付きのディスクのみ。

上の写真にwith input method editorと書いてあるんですけど、これはIMEの事なんですね。知らなかった・・・。

Office2010の優待アップグレード準備完了。

何か大幅に勘違いしていて、UQのスピードのりかえキャンペーンの申込み期限を過ぎ・・・軽く落ち込んでいるボクです;;

こっちも忘れるわけにはいかねーと言うことで、夜な夜な書類の準備をして後はポストに入れるだけ。届かないと納得いかねーって事で簡易書留にでもしようかと思ってます。

プレインストール版の申込み期間は11月7日まで

Office2010の優待アップグレードに必要な物

  • Window Live ID
  • 実費3,000円(クレカ、または銀行振り込み)
  • 製品名とプロダクトID
  • 購入日と店名
  • 書類送付
    ・購入証明申請書(PDFを印刷して、オーダーID(登録時発行)等記入)
    ・購入証明書(領収書、納品書など。店名、購入日、購入価格が記載必要)
    ・指定部材原物(プロダクトIDが記載されているピンク色の用紙のみコピー可)

対象の製品をもってる方はお忘れなく。
ちなみにパッケージ版の申し込み期間は6月で終わってますよ。

登録はこちら
http://www.microsoft.com/japan/office/2010/techg/pipc.mspx

CCleanerをCCEnhancerでパワーアップ!

CCEnhancer起動画面

CCleanerはWindows用のフリーソフトで、大雑把に言えばPCの中にある不要な物を簡単にお掃除してくれるのですが、CCEnhancerはタイトルの通りCCleanerのお掃除してくれる部分を拡張するソフトです。前々から知っていたのですが、先日ライフハッカーで紹介されていたので入れてみました。
http://www.lifehacker.jp/2010/08/ccleaner_enhancerccleaner_270.html

あまりよく調べずに拾ってきたので、どうすればいいのか一瞬迷ったのですが、とっても簡単です。起動すると上の画面が表示されるので、Download Latestをクリック。そうすると拡張用のファイルをダウンロードして、すぐに「Would you like to run CCleaner now?」と聞かれるので、「はい」を押せば拡張されたCCleanerが起動します。あ、もちろん先にCCleaner入れないとダメですよ。

アスタリスクが拡張された部分CCleanerのアプリケーションタブの中のアスタリスクが付いているところが拡張された箇所。これはPCの環境によって違うのですが、Windowsの部分も結構増えてます。

どのくらいの間隔で拡張ファイルがアップデートされるのか分かりませんが、一度設定すれば、後は普通にCCleanerを立ち上げれば拡張された状態になっているので、時々ダウンロードし直せばいいのかなって思います。


CCEnhancerメニュー

Extraって言うメニューの中に拡張した物を消す設定もあるし、ポータブルメディアにインストールすることも出来ます。
ちなみにCCleanerを配布している所のソフトは、4つ(CCleaner、Defraggler、Recuva、Speccy)ともUSBメモリから利用できるので愛用してます。

ん~何か綺麗になった気がしてヨイ!

TeamViewer(遠隔操作ソフト)が凄すぎる件

TeamViewer LOGO

時々、パソコンの操作が分からんとか、何かが動かなくなったとか電話がかかってくる。何とかしようと話は聞くんだけど、分からないことを分からない言葉で説明されても言ってる意味がよく分からないことが多々ある。

遠隔操作できるソフトは以前から色々あるし、スカイプでも似たようなことは出来る。それにWindowsに標準で付いている機能もある。でもTeamViewerはそれらより遥かに簡単に使えると思う。
Windowsのリモートアシスタンスの使い方はこちら

インストールの必要が無い?

TeamViewer QS

この手のソフトを幾つか使ってみた限りでは、どれも両方のパソコンにソフトをインストールする必要がある。

Windowsのリモートアシスタンスもそうだけど、インストールとか操作の手順を電話で教えるのって結構骨が折れる。電話代ももったいないしね。

TeamViewerも何もしなくていいわじゃないけど、相手にメールなどでQuickSupport版(以下QS)のアドレスを送って、ダウンロードしてもらうだけでOK。あとはそのソフトを起動して表示されるIDとパスワードを教えてもらえば遠隔操作出来ます。
←QS版の起動画面。
ここにIDとパスワードが表示されます。

フルバージョン

TeamViewer

こちらがフルバージョン。セッションの作成のID入力のところに教えてもらったIDを入力。リモートサポートにチェックして、パートナーに接続。数秒待つとパスワードを聞かれるので入力すると、相手のデスクトップ画面が表示されます。
青いところは自分のIDとパスワード。

何が出来るのか?

TeamViewer Menu

とりあえずリモートコントロールなので、相手のPCを一通り操作出来ます。
あと上の画像のメニューが出るのですが、主な物を挙げると、、、

操作・・・
パートナーと役割を交代 >>> 見せる画面を相手と切替が出来ます。
リモート再起動 >>> 相手のPCを再起動出来ます。一旦セッションが切れるのですが、再起動後はTeamViewerも立ち上がり、同じパスワードで再接続出来ます。ログオフも可。

音声 / 動画・・・
マイビデオ >>> ビデオチャット
チャット >>> テキストチャット(内容をテキストファイルに保存できますが文字化けしてました)

ファイル転送・・・
なんと!FFFTPの様な画面でごく普通にファイルのやり取りが出来ます。これが出来るといろんな用途に使えそうです。

その他・・・
レコード >>> 操作した内容を録画できます。拡張子はTeamViewerオリジナルの.tvs。接続前の画面の「その他」の中の記録セッションの再生で見ることが出来ます。


若干の文字化けもあるけど(環境の問題?)、Windows、Mac、Linux、iphone、ipadにも対応してるし、日本語表記だし。個人利用は無料なので、人によってはとっても使えるソフトじゃないかと思います。セキュリティの面もhttpsやSSLと同じレベルらしい。

ダウンロードはこちら TeamViewer
USBメモリから直接起動できるTeamViewer Portable版もあります。
【QS版のURL】http://www.teamviewer.com/download/TeamViewerQS.exe

AVERY maxellのラベルプロデューサーが意外と使える?

ラベルプロデューサー

プリンタを購入したしラベルシールの印刷でもしようかと、数年前からしまってあったシールを出してきた。何のために買ったのかもよく覚えてないけど、エレコム製が結構いっぱいあって、マクセルが少々。何故か名刺用の用紙もいっぱいある。。。

エクセルを使って宛名印刷するフリーのテンプレートなんかはあるんだけど、エクセルもってないんですよね。2000はあるけどOpenOffice使ってるので、マクロ入ってるとうまく動かなかったりするんです。どのメーカーも自社の発売用紙専用のソフトウェアを用意してるので特に問題ないのですが、マクセルのラベルプロデューサーだけは新規でユーザー定義の用紙設定をミリ単位で作れます。

用紙の追加

A4サイズのフリーのシールを使う機会もないのですが・・・なかなかいい機能かと。
他にもあるのかもしれませんが、エーワンの「ラベル屋さんHome for Windows」やエレコムの「エレコムらくちんプリント」には無いようです。

AVERY maxell ラベルプロデューサー