ブレードランナーファイナル・カット

11/22追記(追記なのに一番上に^^;) YouTubeでなくワーナーで日本語字幕の付いた予告がありました。
ファイナルカット予想以上に気合が入った出来のようです。楽しみだ!

http://wwws.warnerbros.co.jp/bladerunner/

11月17日より東京・新宿バルト9と大阪・梅田ブルク7で2週間程の限定で上映されています。
とてもいけないなぁ~前夜祭では押井守監督も参加されいろいろプレゼント貰えたようです。「強力わかもと」とかw

以前に紹介した DVDまだまだ悩んでいるのですが、そろそろ決定せねば!


写真2点ワーナーのページから頂きました。

Bye bye for now !!

ブレードランナーDVDに関する追記

先日のブレードランナーの記事の中で触れたDVD Fantasiumさんに問い合わせをしたところ、日本語字幕に関する返事を頂きましたので載せておきます。

以下メールの抜粋です。

●● 様

DVD Fantasium にお問い合わせありがとうございます。

ご質問の「ブレードランナー」Ultimate Collector’s Edition につきましては、
メーカーの商品データに各ディスク毎の詳細は無いのですが、日本語字幕が
収録されるのはファイナル・カット盤のみになるようです。

未発売の商品のため、仕様は発売までに変更になる場合がありますので
あらかじめご了承ください。日本語字幕の収録が全く無かった場合には
ご予約の方には発送前にご連絡する予定です。

ご質問等ありましたらsupport@fantasium.com までご連絡ください。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

H. Tsutsui
DVD Fantasium Customer Support

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
DVD Fantasium
http://www.fantasium.com
The Fantasium Journal
http://blog.fantasium.com/
1133 Broadway, Suite 1004
New York, NY 10010, USA
support@fantasium.com

以上です。

—–

アンドロイドとは?人間とは?

キャプテンキラさんのアンドロイドの記事を見て思い出した映画がアイザック・アシモフ原作で、1999年に公開されたアンドリューNDR114です。

まさに爆笑問題の番組の内容にぴったりのように思います。

人間とは何か?
人のDNAがあれば人間か?
AIで感情をもった存在は人間か?
発達した医学で人工臓器を入れている人の,その部分は人間でしょうか?

映画ではロビン・ウィリアムズ演じるアンドリューが
「マシンとして永遠に生き続けるより、人間として死を迎えたいと願うのです」と発言しています。

不死身のロボットは容認できても、不死身の人間は容認できないでしょうか?
滅ぶべき存在であることが人間であることの必要条件なのでしょうか?

???ばっかりですね^^;

脳科学の感覚質という言葉をご存知でしょうか?
クオリアと言い、wikiを読んでも漠然としていていまいちつかめないのですが、要は人間が体験した事、感じた事、ん~とにかく経験したすべての事で、計量することができない物の事なんでしょうね。

自分でも何を書いているのか良く解らなくなってきました^^;
この辺が人(生物)とアンドロイドの違いでしょうか?アンドロイドにもクオリアが備わったりして。。。

すべてが人間と同じで、クオリアだけを持たない存在は哲学的ゾンビと言うそうです。

何か中途半端ですがこの辺にしておきます^^;こういう話好きなんですよね。

おやすみなさいzzz

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

1982年に公開されたリドリースコット監督、ハリソンフォード主演のSFの名作「ブレードランナー」の原作がフィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」なのですが、2ヶ月ほど先の12月14日に25周年を記念して再編集したファイナルカット盤DVDがワーナーから発売になります。

再編集に関しては、当時のミスをCGで加工したりと人によって好みはあると思いますが、その辺は置いといて、気になるのは値段です。

アマゾンでは5枚組の一番高いBOX(【10,000セット限定生産】『ブレードランナー』製作25周年記念 アルティメット・コレクターズ・エディション・プレミアム(5枚組み)これが欲しいのですが^^;)が定価24,800円が18,352円!!高い!!

後にブルーレイやHD DVDバージョンが発売されるのは間違いないでしょうが、アメリカでは初めからブルーレイ、HD DVD盤の5枚組が発売されるみたいです。しかも・・・本当なのか分かりませんが日本語字幕が入るらしいのです。そしてそれがこちらでは1万弱・・・・・・・・。なんでしょこの差;;どちらの次世代規格も元は日本で出来た物なのに普及が遅いですね。

容量的にも余裕があるわけですし、音声も字幕もたくさん入った物が増えてくると消費者としては安い海外盤が買えて嬉しいわけで。収益のためにエリアを分けたリージョンコードもフリーのプレイヤーが普通に買える状況では意味がないわけですし、もっと大きな括りで世界で数種類のパターンがあるだけって感じでもいいのではって思ってしまいます。

しかし25年も前の作品なのにすごいですね!1982年に描かれた40年ほど先の未来(舞台は2019年)現実の10数年先の未来はどうなるのでしょうか!

ではまたっ!

まさに修行ですな~

少林寺三十六房スペシャル・コレクターズ・エディション

お店が出来るのでは??と思うほど増えていくDVDがまた増えました・・・w
懐かしい映画ですが、タランティーノ監督が大ファンだということで
(クンフー映画史上3本に入る偉大な作品だそうです)
主演のリュー・チャー・フィーにキルビルの出演依頼したようです。
ちなみにキルビルではゴードン・リューと改名しています。
内容は・・・まさにSASUKEでしょうか~~^^;大好きです。