キーボードカバーはこれ一択

キーボードカバー

先日購入したアップルのテンンキー付きキーボード様にカバーを購入しました。

ワイヤレスのキーボードにも使っていたマイクロソリューションの物です。
ワイヤレスキーボードのカバー

個人的にはこれ以外はキータッチの感じが嫌なので迷う事無く購入しました。そんなに幾つも使った訳じゃないですが、少なくともキーの形状にあわせて凹凸のある物は却下です。

アマゾンの販売ページには、
「対応機種:Apple Keyboard-テンキー付き・JIS MB110J/A・US MB110LL/A」
となっていますが、MB110J/Bでももちろん使えます。ぴったりサイズです。


Apple Keyboard MB110J/B(テンキー付き)

MB110JB

切れそうなアマゾンのポイントがあったので、ずっと検討していたテンキー付きのApple Keyboardを購入しました。やっぱりテンキーあると便利です。バックスベースもあるしね^^

ワイヤレスじゃないけどこれなら満足。何でこれってアップルストアより安いのかな???


iMacのハードディスク交換修理完了

随分前にアップルから案内が来ていたハードディスクのリコールに出かけていたiMacが返ってきました。

おかえりiMac

3月11日にヤマトに引き渡し、14日には帰宅。アップル優秀ですね。
運転手さんに引き渡した時に、トラックで梱包しますと言う事で裸で渡したのですが、帰宅したら写真の状態で置いてあったので、こんなんで送られてきたのか!と思ったのですが、使いまわしの専用輸送箱があるみたいで、到着時に中身だけ出すようです。リンゴ印のクリアファイル付。

リコールと書いてますが、正確にはハードディスクに不具合の可能性のある対象の機種をチェックして、問題があれば交換になるというものです。この機会にLionからMountain Lionにアップグレード(クリーンインストール)するつもりだったので、交換になってラッキー?です。クリーニングしてあるみたいでピカピカだし^^

1つ勘違いしていたのは、購入時のOS(Snow Leopard)になって戻ってくると聞いていた(はず?)のに、引き渡した際のOS(Lion)の最新ビルドで戻ってきた事。それならMountain Lionにしておけば一手間省けたのに。

現在、クリーンインストールするためにMountain Lionにアップグレード中なのですが、細いネット回線で4.37GBダウンロードって朝までかかりそうな予感。

まだセットアップして必要最低限しか触ってないのですが、明らかにハードディスクが静かです。元々SEAGATE製で型番は覚えてないのですが、交換後は、SEAGATEのST31000528ASになっています。

さて、いつになったらダウンロードが終わるのか。。。これを書いている間にプログレスバーは1mmも動いてない気がW

iMacのリコール

先日、アップルからiMacのリコールに関するメールが来たので、電話で詳細を確認しました。

iMacをお使いのお客様へ
2009年10月から2011年7月の間に販売された21.5インチおよび27インチiMacシステムのSeagate製1TBハードドライブの一部にて、故障する場合があることが判明しました。Appleの記録によりますと、お客様は対象となるSeagate製1TBハードドライブを搭載したiMacシステムをご使用になっています。Appleでは、iMac 1TB Seagate ハードドライブ交換プログラムに基づいて、対象となるハードドライブの無料交換に応じております。
[中略]
ハードドライブの交換後に、オペレーティングシステム、その他のアプリケーション、バックアップデータを再インストールするには、製品に同梱されていたオリジナルのOSインストールディスクが必要となります。

故障の可能性があるので、希望者には無償交換に応じると言うスタンスのようです。
購入日より3年または2013年4月12日のいずれか長い期間が対応期間で、今使っている27インチのiMac(Mid2010)は来年の3月末で3年になるので、4月12日までに交換に出す予定。※必要に応じて延長の可能性もあるよう?です。

交換修理は、持ち込みなら直営店かサービスプロバイダです。Macbookなら少々遠くても持っていこうかと思うけど、iMacなので宅配で引き取りですね。

メールの文中に交換後には製品同梱のOSディスクがいるとなっていますが、初期化されて購入時と同じ状態で戻ってくるとの事なので、アプリケーションやバックアップデータは別としてOSは要らないんじゃないかな。ちなみにLion(v10.7)やMountain Lion(v10.8)で使っていても、購入時にSnow Leopard(v10.6)ならv10.6になって戻ってきます。
Mountain Lion買うからクリーンインストールして戻してほしい。。。

その他、幾つか確認した内容を。

  • 宅配での引き取りはヤマトさんが来るようですが、梱包材も準備してくれるので、繋がっている物をすべて外して本体だけ渡せばOK。もちろん必要なデータはバックアップしてね。
  • 修理期間は5日程度と言っていたので、1週間ほどみれば間違いない模様。但し、タイミングによっては引き渡すまでに少し時間がかかるかも。確認した時点では10日後以降ならいつでもOKとの事。何れにしても引き渡しから1週間で確実。

データは100GB程度しかなかったので、それほどバックアップに困るような量でもないけど、この機会にタイムカプセルでも買おうかと検討中です。アマゾンの方が安いね。
parallelsの仮想環境でWiondows7も入っているのですが、このWidnowsの部分は、公式にTime Machineで大丈夫ですとは言えないようですが、多分大丈夫というような感じでした。BootCampなら問題ないようです。


Coda Tips – コメントアウトのショートカット

文字列を選択した状態で ⌘ + /
ファイルタイプは気にする必要がなく、必要に応じた形式のコメントアウトが自動的に入ります。

PHPは複数行選択してコメントアウトするとCSSと同じ形式のコメントアウトになるのですが、個人的に1行コメントがいいなと思ったりしてます。変更出来ないのかな?
RubyとかPythonは複数行選択しても1行タイプのコメントアウトになります。

あと、Codaにはidやclassなどなどを拾ってくれるナビゲータという機能があって普通はコメント内は拾わないようですが、
<!ーー !コメントアウト ーー>
って書くと拾ってくれます。便利?かな?