iMacのハードディスク交換修理完了

随分前にアップルから案内が来ていたハードディスクのリコールに出かけていたiMacが返ってきました。

おかえりiMac

3月11日にヤマトに引き渡し、14日には帰宅。アップル優秀ですね。
運転手さんに引き渡した時に、トラックで梱包しますと言う事で裸で渡したのですが、帰宅したら写真の状態で置いてあったので、こんなんで送られてきたのか!と思ったのですが、使いまわしの専用輸送箱があるみたいで、到着時に中身だけ出すようです。リンゴ印のクリアファイル付。

リコールと書いてますが、正確にはハードディスクに不具合の可能性のある対象の機種をチェックして、問題があれば交換になるというものです。この機会にLionからMountain Lionにアップグレード(クリーンインストール)するつもりだったので、交換になってラッキー?です。クリーニングしてあるみたいでピカピカだし^^

1つ勘違いしていたのは、購入時のOS(Snow Leopard)になって戻ってくると聞いていた(はず?)のに、引き渡した際のOS(Lion)の最新ビルドで戻ってきた事。それならMountain Lionにしておけば一手間省けたのに。

現在、クリーンインストールするためにMountain Lionにアップグレード中なのですが、細いネット回線で4.37GBダウンロードって朝までかかりそうな予感。

まだセットアップして必要最低限しか触ってないのですが、明らかにハードディスクが静かです。元々SEAGATE製で型番は覚えてないのですが、交換後は、SEAGATEのST31000528ASになっています。

さて、いつになったらダウンロードが終わるのか。。。これを書いている間にプログレスバーは1mmも動いてない気がW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。