EOS 60D EF-S18-135 IS レンズキット

懐古なレンズの話が先になってしまったのですが、肝心のEOS 60Dの話を。

購入したのはタイトルにあるキャノンのEOS 60D EF-S18-135 IS レンズキット。写真は凄くデカいレンズ付いているように見える感じがするけど、キットレンズのEF-S18-135 ISです。花形レンズフード(EW-73B)ハンドストラップは別売りです。
個人的には3種類出ている60Dのレンズキットの中ではベストバイかなと思います。ダブルズーム(18-55mm、55-250mm)と18-55mmのレンズキットはよっぽど安くなければ選択肢に入ってなかったかな。

60Dの位置づけは微妙で中途半端ですけど、フラッグシップの7Dは予算的オーバー&コンパクトフラッシュ&バリアングルじゃないのと、Kiss X5は持った感じが小さくてしっくりこない(60Dはちょうどいい)、あとどれも時期的に底値っぽいといった理由です。キャノンを選んだのは元々フィルム一眼時代にキャノンユーザーで、EFマウントのレンズが幾つかあったからという安直?な理由。

まだほとんど使ってないので簡単な感想ですが、コンデジからの移行で液晶画面を見ながら撮影する事をメインに考えているとちょっとイラッとするかも?AFの合焦が遅いです。何か設定がある?かな?ファインダーで撮影が基本で、便利にバリアングル液晶も使うっていうスタイルがいいかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。