20年前のレンズ「EF50mm F1.8」とリモコン「RC-1」

あまり今時の状況を知らないのですが、カメラ業界(とりあえず先日購入したキャノンは)ってなんというか立派ですね。デジタルカメラが普及してからコンデジしか触った事が無く、久々の一眼(フルサイズじゃないけど)ユーザーになったのですが、20年前に買ったEOS 10QDのときのEFマウントレンズがそのまま使えるのはちょっと感動した。
10QDですよ、10Dじゃない。
まぁ、そんな時代のレンズを特に神経質に保管してた訳でもないのにカビもなさそうなのも凄い。

写真のEF50mm F1.8は、撒き餌のような価格で現在売られているEF50mm F1.8IIではなくフィルム時代の物です。確か購入直後に安価な50mmに切り替わった記憶があって、これはその前のタイプのはず。AFもばっちり動きます。
自己満足なのかもしれないけど、やっぱり金属マウントの方がいいね。

その頃に使っていたリモートコントローラーRC-1も未だに一応現役?今はRC-6
っていうのが新しいみたいだけど、昔の方がいいんじゃ?こういうのは仕組みが簡単なんでしょうけど、最新型のカメラでも使えるみたいです。
在庫僅少となっているから売っているっぽい。
http://cweb.canon.jp/camera/eos/accessary/detail/2465a001.html

そのリモコンが動くかどうか確認するためにダイソーにコイン型のリチウム電池を買いに行ったけど、CR1220ってあまり100円均一には無いんですかね?アマゾンで10個400円で売ってるけど、10個は要らんでしょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。