Mac OS X Lion クリーンインストール

さて、先日のMac OS X Lionのリカバリディスクを作成するの続きです。

先日のエントリで作成したリカバリ用のディスクでクリーンインストールしたいので、流れとしては、必要なファイルの退避・バックアップとAppStoreからダウンロードして利用している意外のソフトのメモなどをし、ハードディスクをフォーマット、そしてLionのインストールです。

バックアップは大きめのUSBを利用したのですが、Windows形式でフォーマット(NTFSなど)されたハードディスクは、Macの標準状態では読み取り専用になるので使えません。退避したいファイルの量にもよりますが、手持ちの外部メディアで済むならそっちの方が早いかも。ちょとゴニョゴニョやってみたけどうまくいかなかった・・・。

これで大丈夫だろっ!ってとこまでバックアップが済んだら、リカバリディスク挿入!
マウントしたMac OS X Install ESDはそのまま無視して再起動します。ジャーンって言う音がするあたりからoptionボタンを押したまま起動するまで待つと、ブート画面になるので、ディスクからブートします。

しばらくするとMac OS X ユーティリティが起動するので、ディスクユーティリティを選択して進みます。

おなじみのディスクユーティリティが立ち上がったら、ハードディスク(Macintosh HD)をMac OS 拡張(ジャーナリング)で消去します。

フォーマットが終わるまで、コーヒーブレイク♪ ディナーでもいいかも♪

完了したら、今度は先ほどのユーティリティでMac OS Xの再インストールをしましょう。

バスタイム♪
どこかでキーボードの選択が出た気が。。。そこだけで後は放置で進むはず^^;
完了するまで待って、AppleIDの入力など初期設定を済ませればインストール完了です。

後は、データを戻したりソフトのインストールをすればいいのですが、LionはJavaランタイムが標準で付属していません。Javaランタイムを必要とするソフトを起動すると、インストールを促す画面が表示されます。

促されるままインストールするか、このあたりから取ってくるかですが、appleのサイトにおいてあるのは今現在の最新版じゃない??ような。

おそらく促されままインストールするのと同じだと思うのですが、アプリケーションフォルダの中のユーティリティ → java Preferencesを起動すると勝手に導入されるので、その方法で済ませました。導入されたランタイムのバージョンはjava SE 6のバージョン1.6.0_29-b11-402で、64-bit版と32-bit版の2つが入りました。

公開されてから半年でやっとLionに!
なんだか若干不安定な気がするのは、きっとFirefoxがだだこねているんだと。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。