セレナ(C25)バッテリー交換

冷たい風が吹く中、先日購入したバッテリー(パナソニックCaos)の交換作業をしました。最近は車を弄る事も全然ないですが、結構こういう作業は好きだったりします。

日産セレナ(DBA-C25)の標準のバッテリーは55D23Lです。D23Lが大きさと端子の位置を示しているので、その部分が一致していれば所定の場所に収まります。今回購入したのは、Panasonicのブルーバッテリーcaosの95D23L/C4です。95なので、標準タイプより性能ランクが数段高いタイプです。

半分自己満足な気もしますが、同じくパナソニックのライフウィンク(N-LW/P3)も購入しました。自分で交換してるし、ディーラーやカー用品店で購入・交換するよりものすごく安上がりなので、いいかなと。。。
現在のバッテリーの状況と、充電系に異常があるか監視してくれます。

交換作業

セレナのバッテリーはすぐ触れる場所にないので交換はちょと面倒。エアークリーナーダクトを丸ごと外す必要があります。

かなり汚い・・・ついでにちょっと掃除しないといかんですね。
赤いチェック部分の留め具を外してダクトを外すのですが、元々の位置に少し無理があるのか?右下のパーツがかなり引っ張られている状態で止めてあったので、外したと同時に割れてしまいました。なんかの機会にパーツだけもらえないかな。。。

3箇所の留め具を外し、下の写真の2カ所の差し込みを外し、ぐいぐい?コネコネ?そんな感じで引っ張るとダクトの根元から外れます。本当はレゾネーター部分だけダクトから外した方が作業しやすいのですが、いろいろ角度を変えながらぐいぐいしたら行けそうだったので、そのまま取っちゃいました。
ダクトを全部外すと下の写真の様にバッテリが触れます。

あとは交換するだけ。
本体を固定してある固定金具を外し、マイナス端子(赤いカバーが無い方ね)から外し、プラス端子も外し、新しいバッテリーと置き換え、プラス端子を付け、マイナス端子を付け、ライフウインクを同時に取り付け(端子に挟むだけ)ます。
あとはダクトを元に戻して完了〜

バッテリーの持ち手は干渉することが無さそうだったので、そのまま付けておきました。
エンジンルームの中でライフウインクのLEDがウインクしてますw
これでエンジンルームを見る機会も増えるでしょうか^^;


追記
バッテリーを外すとパワーウインドウが正常に動作しなくなるのでリセットが必要です。今回は問題無さそう?だったのですが、挟み込み防止とかキーOFF連動関連で不具合があると問題なので、リセットしておきました。取扱い説明書にも書いてありますが、全開にしてから引き上げ全閉になった状態で3秒待って離せばOKです。
あと、バックカメラのギア連動がOFFになっていたので元に戻しました。このあたりはカーナビのマニュアルに載っていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。