【Mac】複数ファイルの合計サイズを見る方法

Windowsであれば複数のファイルを選択してプロパティをみれば合計サイズがでますよね。
Macで同じように複数のファイルを選択し右クリックして情報を見る(プロパティはないので)をクリックすると場合によっては大変な事になります。たまたま500個位のファイルを選択してたんですよ・・・。左の様なウインドウが500個開きます・・・・・・。

この選択数分開くウインドウは情報を見るウインドウですが、左の画像はインスペクタウインドウです。合計サイズが見たいだけだったんですが、このインスペクタがすごく便利。

ファインダーのファイルメニューを開いた状態でオプションキーを押すと「情報を見る」が「インスペクタを表示」に切り替わるので、クリックすれば起動します(該当ファイルの右クリックメニューが出ている時も同様)。ショートカットは コマンド+オプション+i です。


情報を見るはWindowsのプロパティと同じ動きですが、インスペクタは現在選択されている項目に合わせて瞬時に内容が切り替わります。コマンドを押しながら選択ファイル・フォルダを変更しても瞬時に切り替わるので、作業内容によっては起動したまま隅の方に置いておくと便利かも。

Windowsの場合にはサイズが大きいと合計が出るまでしばらく時間がかかるという印象がありますが、Macのインスペクタは試した限りでは、合計サイズが30GBくらいあってもほとんどストレス無く表示されます。もちろんどちらもスペック次第ですかね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。