大地は泣いている・・・

震災以来、毎日のように武田教授のブログを読んでいる。環境問題などで大胆な発言をする先生だが、原発についてずっとまっすぐなメッセージが続いている。専門家は正しい事を伝えるべきだし、僕は概ね書いてある内容に賛成だ。ここの所テレビを見ていると風評被害という言葉が耳に入る。全てをひっくるめて風評被害ってまとめるのはとても危険だと思う。

僕は当事者じゃない。世論と違う勝手なことを言っていると思われるかもしれないが、もし消費者に提供する安全な食べ物を生産する事を生業としていて、生産した物が人の健康に害を及ぼす可能性があるのなら自ら廃棄するかもしれない。原発が原因ならそれは政府が全面的に保証すべきだ。

武田先生のブログからの一部引用。
原発 大地は泣いている・・・

今、私たちは何をするべきだろう?そこから何も採ってはいけない。昨日まで凍えるてで藁を綯え、朝の暗闇に出帆していたとしても、今日は何もしてはいけない。明日もしてはいけない。そこからとれるものは、たとえ「規制値以下」であっても、もはやそれは「自然の恵み」ではない。流通はキャンペーンなどやってはいけない、自治体は地産地消を唱えてはいけない、知事は規制値を上げてはいけない・・・すでに大気と大地と海は汚れてしまったのだ。
・・・
大地と海から採れるものは神聖である。でも、汚れたものは神聖ではなく、災厄をもたらすものだ。
・・・
大地と海に恵みを受ける人の誇りを取り戻して欲しい。

真空波動研とかffdshowとか触りたくないんだが。

最近何年かぶりに映像を触ったりしている。

映像はどんな環境で作られたファイルかによって再生に不具合があったりするから溜息が出る事しばしば。昔は真空波動研とかffdshowとかガシガシ触ってたけど、またそういうのを触るのはちょと骨が折れる。

とても失礼な話だけど、探しに行ったらどっちのソフトもいまだに開発されていて「へぇ~」と思った(ffdshowはffdshow tryoutsとしてオープンソース化しいる模様)。フリーの動画再生関連のソフトでは有名ですもんね。コーデックのチェックなら真空波動研はお手軽ですし。

ちょと愚痴でした。さすがに購入したてのMacでは動画編集どころではないので、Win機を触らないといけないのが拍車を。。。

27インチ iMac MC511J/A メモリ増設

昨日に続いて、今日はiMacのメモリ増設です。

MC511J/Aのメモリスロットは4つあり、2GBのメモリが2枚刺さっていて空きが2スロットあります。全部4GBにして最大で16GBですが、デフォの2GBのメモリを遊ばせるのもったいないので、4GBのメモリを2枚購入しました。

こちら↓
Elixir DDR3-1333(PC3-10600)SODIMM CL9 4GB 2枚セット W3N1333Q-4G
iMacのメモリはノート用のSODIMM。購入したメモリは現在6,980円、多分アマゾンが最安です。



iMacは他のパーツの増設や交換は厄介ですが、メモリだけは簡単にアクセスできるようになっています。モニタ下部のリンゴマーク下のネジを外して差し込むだけでOK。写真では分かりにくいかもしれませんが、モニタの画面から遠い方の2スロットが初めからセットされているメモリで、追加でなく交換という事であれば、この遠い方のスロットを使わなければいけないようです。黒いベロみたいなのは必要なのかよく分かりませんが、薄い塩ビ板みたいなものです。

2011年8月2日追記
この時はメモリを追加しただけだったので気にしなかったのですが、黒いベロがないとメモリ取り出せないですね。手前に引っ張ればメモリが抜けます。




問題なく認識されトータルで12GBに。ちなみにスクリーンショットの撮り方すら分からないので写真です^^w

もう一つちなみにiMacさんはインストールしたアプリケーションのアップデートでお忙しいようなのでWinで書いてます。インストールするデータをDVDに焼いてあったのですが、スロットに入れる向きが分からずかなり悩んだ・・・。最初から逆に入れて出てこなくなったら悲しいもんね。
モニタの画面側がディスクのラベル側です(裏側が焼き付ける側)。裏側が厚みが無いように見えるので、そこに駆動する部分があるのか?ってチョット思うのですが、多分思っているより奥のほうに入っていくんでしょうね。

なんとなくハードディスクの駆動音がポコポコした感じの音がしますが仕様の模様。基本的にはかなり静かです。

27インチ iMac MC511J/A [2800] 開封の儀

とうとう作業環境をMacに変える事が出来るようになったのでiMacを購入しました。早ければ1ヶ月後あたりにモデルチェンジか?と言われているし、Sandy BridgeやThunderboltはいいなとは思いますが、購入したのは現行モデル(Mid 2010)です。

箱デカ

モニタ自体が本体なので、それ以外には薄っぺらい白い箱と、電源ケーブルだけ。白い箱の中にブルートゥースのワイヤレスキーボード(Apple Wireless Keyboard)とワイヤレスマウス(Magic Mouse)、説明書、OSのディスク、アプリケーションのディスク、クロスが入ってます。




うっすらとりんごのマークが。

iMac 27インチ 2.8GHz クアッドコア スペック

OS – Mac OS X v10.6 Snow Leopard
CPU – Core i5 2.8GHz クアッドコア 8MB L3キャッシュ
画面サイズ – 27インチ LEDバックライトディスプレイ
解像度 – 2560×1440
メモリ – 4GB(2GB x 2)DDR3 PC3-10600 最大16GB(スロット4、空き2)
ビデオチップ – ATI Radeon HD 5750グラフィックプロセッサ
ビデオメモリ – GDDR5 1GB
HDD – 1TB SATA 7200rpm
光学式ドライブ – スロットローディング方式(DVD±R DL/DVD±RW/CD-RW)
LAN – 1000BASE-T
無線LAN – AirMac Extreme Wi-Fi(802.11n)、802.11a/b/g対応
その他 – iSightカメラ、Mini DisplayPort出力、USB 2.0ポート x 4、FireWire 800ポート x 1、SDXCカードスロット x 1、17Wステレオスピーカー x 2、光デジタルオーディオ出力/入力

続きはまた・・・