あちこちでやたらと見かけるのでzenbackを入れてみた。

僕の見るサイトに偏りがあるのか、それとも結構流行っているのか、それとも結構なボリュームで表示されるから目に付くのか?よく分からないけどzenbackを入れてみました。

ソーシャルなサービスと連携するような機能を付ける度に、赤っ恥の上塗り的気分になるのですが、まぁヨシとしよう。

導入はアカウント登録を流れに沿って進めればソースが出てくるので、任意の場所に挿入するだけです。

現在対応しているソーシャルサービスは、twitter、はてブ、mixiチェック、Evernoteサイトメモリー、Facebook「いいね!」です。スタイルはCSSソースが公開されているので参考にしながら自身で当てる形です。
外に出るリンクが多いですけど、いい循環が出来るならその輪に入ろうって感じかな。

入れてから気が付いたのですが、シックス・アパートがやっているサービスなんですね。zenbackは文脈を理解するエンジン「newziaコネクト」を使っているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。