WordPressの各種アップデートを非表示にするプラグイン

WordPressのコアアップデート(WordPress〇〇が利用可能です ! 更新してください)、プラグインアップデート(サイドナビのアップデートカウント数、プラグイン管理画面のアップデート案内)、テーマアップデートの情報を非表示にするプラグインです。

  • Disable WordPress Updates(現在ver. 1.1)

それぞれ個別に設定したい場合はこちら

  • Disable WordPress Core Update(現在ver. 1.4)
  • Disable WordPress Plugin Updates(現在ver. 1.4)
  • Disable WordPress Theme Updates(現在ver. 1.1)

1人で管理(または理解ある管理人複数)している分には自己責任なのでいいのですが、投稿だけ利用する人も含めた複数とか、クライアントに納品してその後の保守を任されていない場合など、アップグレードされると問題が起こる可能性が考えられる場合には重要かなと思います。大丈夫なようにしとけよって話ですが・・・。あの数字知らない人にとっては結構気になるみたい。

特に設定などは無いので、導入して有効にするだけでアップデート情報が消えます。
確認したのはいずれも最新版のWordPress 3.1です。

手動でfunctions.phpを編集して管理画面のサイドナビからプラグインのアップデートカウント数を消す方法はこちらにありました。
WordPressの管理画面に出るプラグインのアップデート数の表示を消す方法
この方法はプラグインの管理画面は通常通り表示されるようですね。ユーザーの権限で制御していれば、管理者にとってはこっちのほうがいいかも。コアやテーマも出来るんじゃなかな?

“WordPressの各種アップデートを非表示にするプラグイン” への4件の返信

  1. >K’さん
    早々にお返事見て頂けて良かったです^^

    こちらはデザインを変えようと思って2年ほど・・・たっているので、勉強もかねてHTML5でテーマ作ろうかと触っています。

    こちらこそ今後とも宜しくお願いします。

  2. えっっ??
    ホントだ・・・・・・

    記事をダウンロードしようとしてしまう
    これ、ログイン時は普通に見れていたので気づきませんでした。
    ご指摘ありがとうございます。

    相性が悪いことがあったみたいで、いじってとりあえず直りました。
    ログアウト時も確認してみないといけませんね、反省・・・

  3. >K’さん、こんばんは。

    ブログ拝見しました。とってもストレートなタイトルですね。最新の記事だけシングルページ見ようとするとエラー出てますよ。

    お互いがんばりましょー!

  4. こんにちわ。K’と申します。

    これ、すっごくよくわかります。
    人様にお渡しした分をちょっとお直ししたいときに何個も何個もアップグレード主張があったり
    たまにログインするアップグレード不必要な重要度の低いサイトのとか
    とにかく赤いまるぽっちは自己主張が激しくて・・・
    こんなプラグインもあるもんなんですね。

    WordPressはほんとに奥が深いです。
    勉強になります。

    今後ともよろしくお願いします。
    応援、ぽちっと (n‘∀‘)η☆♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。