Public Post Preview 非公開の記事を閲覧するプラグイン WordPress

表題には非公開の記事となっていますが、Public Post Previewは下書き(draft)と非公開記事をログインしていないユーザーが閲覧できるようにするプラグインです。

Plugin Directoryにあるプラグインの説明には、

all posts in draft or pending review status
http://wordpress.org/extend/plugins/public-post-preview/

となっているので、レビュー待ちのエントリも見れるのかな。

WorPressのPostのステータスはpublish、pending、draft、auto-draft、future、private、inherit、trashといろいろあって、もしかしたらfutureも見れるのかなと思ったりしてるけど、やりたいことを満たしてしまったので未確認ですw

導入は管理画面からでも、手動でも問題なし。後は有効にするだけで特に設定もありません。

Public-Post-Preview01
Public-Post-Preview02

記事の編集画面にPreviewというウィジェットが出来るので、「Allow Anonymous Preview」にチェックを入れ、非公開(下書き)保存するだけです。
そうすると閲覧用のURLが表示されます。通常のプレビューのURLと同じですね。

すでに公開済み(publish)の場合は、下の画像のように「This post is already public. Preview is not available」となります。

Public-Post-Preview03

公開していない記事をログインしていない第3者が閲覧出来る状態というのは、セキュリティ上良くないでしょうけど、少なからずこういう需要はありそうな気がします。

WordPress 3.0.4
Public Post Preview 1.3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。