カーソルが勝手に飛ぶ(移動する)時の対処

表現の仕方が微妙ですが、キーボードで文字入力をしている時に勝手に別の場所にスクロールしてしまう事があるみたいです。自分で経験していないので、”みたい”なのですが、たまに見かけます。

今まで見かけたのは記憶の中ではほぼノートパソコンなのですが、知らないうちにタッチパッドに触れていたり、感度が良すぎると静電気も原因だったりするようです。あとはマウスの不良も原因かもしれません。タッチパッドであればON/OFF出来ればそれで解決です。

ところが、先日どう考えてもこれらの原因に当てはまらないと言われ調べたところ、IE8の場合は互換表示にすると直るようです。

マイクロソフトによると

Internet Explorer 8 に組み込まれた [互換表示] ボタンを使用すると、古いブラウザー向けに設計された Web サイトを表示できます。テキスト、画像、テキスト ボックスなどが正しく位置合わせされていない場合は、[互換表示] をクリックするとサイトが正しく表示されます。この [互換表示] ボタンは、アドレス バーの [更新] ボタンの隣にあります。

って事なので、レンダリングモードを旧ブラウザ仕様なものに切り替えてCSSなんかの認識を変えているんだろうけど、何でそれで直るのだろうか?謎だ。
個人的には破れた様なアイコンも不安にさせる要因だし、サイト毎に設定を保存するっていうのも結構問題あると思う。まぁ、マイクロソフトの過去の尻拭いって感じですね。
IE8のみですけど、動きがおかしいい時はお試しあれ。そんな機会にブラウザ乗り換えってのもありかも。

余談ですが、IE8には3種類のレンダリングモードがあって、DOCTYPE宣言やmetaタグの記述の仕方で変更が出来ますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。