送信ドメイン認証 SPF (Sender Policy Framework)

送ったメールが、迷惑メールに振り分けられてしまう場合の原因が気になっていたので、調べ物をした覚書です。

SPF送信ドメイン認証 の一つで、送られてきたメールが、本当にその送信元ドメインからのものかを認証する仕組みです。

Gmail-メッセージのソースを表示
Gmail の場合であれば、メールの右上、返信ボタンの横にあるドロップダウンの中に “メッセージのソースを表示” があり、開くとメールヘッダの詳細が表示されます。
この中の Received-SPF に表示されているのが、SPF の認証結果を表すステータスです。他のメーラーでもヘッダの詳細とか、メールのプロパティとか、そんな感じのメニューで出るはずです。

Received-SPF ステータス

ステータス 意味
pass 無問題。正しい送信元から送信されたメール。
fail 不当なメール(認証失敗)送信元ドメインが詐称されている。
softfail failよりは正当性が高いが、詐称されている可能性がある。
neutral 正当性を判断できない。noneと同じように解釈される。
temperror 認証処理中に何らかの問題が発生。
permerror 認証情報に誤りがある
none 認証するための情報が存在しない。

Gmail に関しては、Google は SPF の情報を参考程度にしか見てない感じです。実際、Gmail に届いたメールをチェックしてみると、迷惑メールに振り分けられていても、passになっているのもあるし、独自のフィルタリングが優秀というか、自信のある証拠なんでしょうね。

独自ドメインを使っていて、送ったメールが、迷惑メールに入ると言われた場合は、可能性の1つとしてチェックするといいかも。解決はDNSのTXTレコードの設定で可能なようです。通常は自動で設定されている?はずです。

Sender Policy Framework

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。