伊勢志摩鳥羽の隠れ宿「旅館あらしま」

先日の鳥羽への旅行でお世話になった宿です。到着までに迷うかなという不安が若干あったのですが、あっさりアレを発見しました。
車で伊勢方面から鳥羽水族館を過ぎ5分ほどで、電柱などに案内看板が幾つか出てきます。それにしたがって進み左折してしばらく行くと右手に未舗装の道と写真のような電話BOXが!その道を海に落ちないように^^;走っていくと奥に駐車場があります。車に忘れ物の無いよう準備して、いざ電話へ!!中に入ると説明書きと黒電話があるので、くるくるとハンドルを回すと宿から迎えに行きま~す!と電話がかかってきます。

あらしま01

あらしま02

あらしま03

あらしま04

「あらしま」は半島にあるのですが、車では行けないのでおじいちゃんが船で迎えに来てくれるんです。ちょと強面?だけど話すとやさしそうなおじいちゃんの操る船に乗って湾を進む事数分で宿の船着場に到着です。電話BOXから目的地が見えているので「あ、あれじゃないか?」「絶対そうだ!」とか言いながら待ってました。

着物を着た女将さんの出迎えから見送りまで、家庭的な気配りと細やかな心遣いのあるゆっくり出来る宿です。あんな感じのいい女将さんはなかなか居ないんじゃないかなぁ~。料理も魚介がたっぷり食べきれないほど(訳あって牡蠣を遠慮したので、通常であれば冬場は牡蠣料理を出してくれるのではと思います)食べきれないような様子を感じ取ってくれたのか、料理の一部は朝食に出してくれたようです。朝食の写真撮り忘れた;;朝からゴハン3杯も食べたのは何年ぶりだろ~。
すべて部屋食なんですが、空き部屋があれば別の部屋に料理の準備をしてくれるとの事。朝寝坊なんで、朝だけ隣のスズキ(だったかな)に準備してもらいました(泊まったのはブリです。部屋に魚の名前が付いてるんです)

あらしま05

あらしま06

あらしま07

あらしま08

あらしま09

あらしま10

あらしま11

あらしま12

あらしま13

あらしま14

あらしま15

お風呂は温泉ではない(麦飯石を使ったお湯のようです)ですが、24時間利用出来て、夕食後の時間帯は内側から鍵を掛けて貸切に出来ます。

朝起きると、ウグイスがずっと鳴いてました。あんなに「ホーホケキョ」を聞いたのは初めて。上手な子は「ホーホケキョ!ケキョケキョケキョ~~~~!」と鳴くんだと思ってたんですけど、Wikipediaには威嚇って書いてある。ほんとか?ウグイスとホトトギスって全然違う種類の鳥なんですね。

女将さんに少し道を教えてもらったので、さえずりを聞きながら朝の散歩に行ったのですが、いつの間にやら探検ぽくなり・・・気が付くと林の中からXIV鳥羽のの駐車場に出てしまい・・・知らない人たちに「おはようございます!」とか言いながら、林の中へ消えていくボク等。どう考えても怪しい人になってました^^;

あらしま16

あらしま17

帰り際、「ありがとうございます」と見送りをしてくれた女将が、姿が見えなくなってから再度「ありがとうございます」と聞こえてきたのが印象深く残っています。
お世話になりましたm(__)m

旅館あらしま
〒517-0021
三重県鳥羽市安楽島町277 小浦岬
0599-25-2581

旅館あらしま公式サイト
旅館あらしまモバイルサイト
隠れ宿あらしま大将の日記

[googlemap lat=”34.461112″ lng=”136.866829″ width=”500px” height=”250px” zoom=”11″ type=”G_NORMAL_MAP”]三重県鳥羽市安楽島町277[/googlemap]

生命へのまなざし 第4回「長い旅の途上」

まもなく(22:25~NHK教育)「知るを楽しむ 私のこだわり人物伝」星野道夫特集の最終回がはじまります。
語り手は作家の池澤夏樹さんです。

池澤さんのサイトトップのFLASHで一文が出てきますが、風神帖雷神帖を買おうかなと思ってます。

再放送は3/31です。

星野道夫公式サイト
NHK教育該当のページ