万華鏡の遊愛工房(黒壁スクエア)

鼻炎薬で喉が渇いてしょうがないボクです。当分の間はつらい日々が続きそうです。
え~と、ブログの中で自分の事をなんて言うのか毎回しっくりこない感があるのですが、とりあえず「ボク」でいこうと思ったボクです。
ジブン、ワタシ、ワタクシ、アタシ、オレ、オラ、オイラ、ウチ、ワシ、ワイ、ワガハイ、セッシャ、後は名前やニックネーム。日本語の一人称っていっぱいありますよね。英語だと全部「I」なのかな?

そんな事はどうでもいいのですが、今日はブログを通じて知り合った遊愛工房さんの紹介です。長浜の黒壁スクエアには何度か行った事があってあちこち歩いたのですが、こんなお店があったんですね。自然とのふれあいを体験をする工房ということですが、テレビでも紹介されたという「万華鏡の中のあなたの写真を!」がとても楽しそうです。

以下の写真は、遊愛工房と耕ちゃんの管理人さんの許可を得てお借りしています。こんな写真が取れるそうですよ!

万華鏡写真1

万華鏡写真2

興味のある方行ってみてはどうでしょう!

店名:遊愛工房
場所:黒壁スクエア感響フリーマーケットガーデン内
営業日:土・日・祝日の10時~17時
ブログ:遊愛工房と耕ちゃん

珍獣ハンターイモトinガラパゴス

お気に入りのイモト。イモトいいー!
先日(09/02/22 OA)の世界の果てまでイッテQ!の動物図鑑完成スペシャルで、イモトがダーウィンの名言を言ってました。

チャールズ・ダーウィンの名言

強いものが生き残るわけでもなく、
賢いものが生き残るわけでもない。

唯一生き残れるのは、変化できるものである。

でも、この言葉っていろんなところで引用されてるけどダーウィンの言葉ではないらしい。
参考:ダーウィンは「変化に最も対応できる生き物が生き残る」と言ったか?
長い世代に渡っての変化って事だろうけど、現代を象徴しているような言葉だなって思う。

ダーウィンと言えば進化論、進化論といえばかの有名な種の起源。進化論って言うからevolutionな意味合いだと思ってたけど、ダーウィンはevolutionっていう表現はしていなくて、Descent with modification(変化を伴う継承)と表現したらしい。より環境に適応した個体が長い世代に渡って蓄積しながら変化するって事ですね。勉強になりました。

なんかイモトいいー!とか言ってはじまったのにお堅い話。まぁいいか。

“変化しない事は変わらない事じゃない”と思うんです。
もちろん進化論の話じゃないんですけど・・・変化しないって結構難しかったりするんじゃないかな。

変わらない印象をあたえるって事は、変わってるって事ですよね。
「あの人10年前とかわらないね~」
って言っても10年前のままその人が止まってたら(いろんな意味でね)、きっと変わらないねって思われないですよ。

「あの人10年前と変わらないね~」
「容姿は変わったけど・・・」
多々”あると思います”

吟じてないです。。。

清太麺房@本巣市

清太麺房は清太平閣の分店(ラーメンに特化したお店)みたいですね。
最強の味噌ラーメンとミニチャーハンセット(960円)を頂いたのですが、ちょと個人的にはこってりしすぎで微妙です。麺は太麺で結構好きなんだけどなぁ。結構人気があるみたいだし、こってりボリュームたっぷりが好きな人にはいいかも。

近くに座っていた小学生くらいの男の子がチャーハン大盛りを食べてましたが、あれはちょっと食べきれんだろーって感じでした。

清太麺房

味噌ラーメン

チャーハン

店名:清太麺房
住所:岐阜県本巣市三橋2-29
電話:058-323-1050
営業時間:昼 11:30~14:00(LO)
     夜 17:30~23:00(LO)
定休日‎: 木曜日
駐車場:あり
[googlemap lat=”35.450904″ lng=”136.675253″ width=”490px” height=”300px” zoom=”14″ type=”G_NORMAL_MAP”]岐阜県本巣市三橋2丁目29[/googlemap]

PCサイトとモバイルサイトの振り分け(.htaccess)

先日の「GoogleモバイルのSERPs」のエントリで書いたようにGoogleモバイルのSERPsがPCサイトとケータイサイトでごちゃ混ぜになっています(アイコンで区別)Transcoderで変換とはいいながらもどう見てもとりあえず変換してみたってレベルなので、ある程度ケータイを意識した作りのサイトじゃないと見られたもんじゃないです。

携帯で検索する人達がSERPsのPCアイコンとケータイアイコンを見てどのくらいPCサイトを避けるのか分かりませんが、1ページ目にあればある程度のクリックを期待できるんじゃないでしょうか?(titleとdescriptionの書き方重要ですね)PCのGoogle検索で上位のサイトはモバイル検索でもある程度上位に表示されるようなので、ごちゃ混ぜになったのが良いか悪いかは別として、ケータイでも閲覧可能であれば、その恩恵は受けられるかもしれません。

HTMLを最適化してケータイ用のCSSを書いてmedia=”handheld”で読めば、それは一番いいのかも知れませんが、最適化ってトコが曲者でそんなことするならケータイサイトを作って振り分けたら?って言う内容の備忘録です。

.htaccessに次のように記述してPCサイトのindexファイルと同じ階層に置きます。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} ^(DoCoMo|KDDI|DDIPOKET|UP.Browser|J-PHONE|Vodafone|SoftBank)
RewriteRule ^$ /ケータイサイトのディレクトリ名/ [R]

PCサイトのindexファイルと同じ階層にケータイサイト用のディレクトリを作って、その中にサイト構築。

├ index.html(PCサイト)
├ .htaccess
├ ケータイサイトのディレクトリ
├ ├ index.html(ケータイサイト)
├ ├
  ├

これでPCサイトに携帯からアクセスがあった時にはケータイサイトにリダイレクトされます。後は、PCサイトにMobile Link Discoveryでも書いておけば良いかと思います。

<link rel="alternate" media="handheld" href="http://example.com/ケータイサイトのディレクトリ" />

GoogleモバイルのSERPsがこのまま行くのかって事が微妙ですけどね。以前のようにPCサイトって括られたらやはりクリック率は落ちそうですよね?

※クロスキャリアなケータイサイトが前提です。
※各キャリアのIPは公表されているので、IPで振り分ければより正確です。