命日、そして始まりの日

「カーツ」熊のクランから授けられた星野さんの名前です。今日は命日です。

そしてシトカにトーテムが立つ日。

その模様はいつ届くだろう。

星野道夫トーテムポールプロジェクト(終了)

Bye bye for now !!

“命日、そして始まりの日” への5件の返信

  1. >ミリギロック さん 管理人のsnowです。

    ご紹介のエントリと熱いコメント、興味深く拝見させて頂きました。
    星野さんに関する文章は、絶賛的な内容の物が多い中、若干ネガティブな面も交えたやり取りを見ると、
    管理人さんはじめ、コメント寄せてみえる方々が、星野さんが大好きなんだろうなぁという思いが伝わってきます。

    星野さんの「ほっとする」と言う言葉に関してのミリギロックさんの見解には、まったく同感です。
    この言葉に関して、星野さんの事とは別の観点で、思っていた事がありますので、この機会に新しいエントリにしたいと思います。

    駄文ですが、またご覧いただけたら幸いです。

  2. たびたび、すみません。

    上記のリンク先からだと、コメント欄が省略されてしまうようですので、こちらから入ってください。
    http://d.hatena.ne.jp/ohsuminaoto/200706

    2007年6月22日付記事に星野さんについて書かれています。

    投稿者K氏 → 投稿者R-k氏 の間違いでした。

  3. 星野道夫で検索してたら、こちらへ辿り着いてしまいました。^^;

    せっかくですので、足跡代わりに・・・

    >星野さんは、熊が一番すごいのは何かって言うと、一撃で人を倒 せる事だって言ってました。
    >そうゆう記事を見るとほっとする部分もあると。。。

    管理人さん(snowさん?)は、
    星野さんのこれらの言葉に対してどのような印象、感想をお持ちですか?

    私は、熊という存在が…それ自体が存在しているというだけで、
    人を緊張させてしまう・・・つまりは、本当の自然の中では人は何て脆い生き物なんだろうと、気づかせてくれる存在。 その象徴が熊なんだろうなぁ、と理解しています。^^

    押し付けがましいですが、↓ここでの投稿者K氏のコメントに共感しています。 ご参考まで…
    (思考の種子)
    http://d.hatena.ne.jp/ohsuminaoto/20070622/1182523863

  4. > yo^koさん

    ですです。

    スキーもそうゆう所があるのですが、
    自然が厳しい環境で、「人間なんてちっぽけだ」って思うような所に行きたいって思う気持ちがあるのかもしれません。
    なんかMっ気な言い方だなぁ^^;

    星野さんは、熊が一番すごいのは何かって言うと、一撃で人を倒せる事だって言ってました。
    そうゆう記事を見るとほっとする部分もあると。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。