ヤフオク出品フォームリニューアル

リニューアル先行限定利用に申し込んでいたので、正式発表に先駆けて本日から使えるようになった。

出来る事が変わったわけじゃないし、簡単に言えばイマドキな感じになったって事かな。
ちょっと良い点:終了日がわかりやすい。
戻して欲しい点:決済方法の選択肢(イーバンク、JNBなど)
とりあえず慣れないものは使いにくい^^;

出品後の画像の位置はどうなるんだろ?明日にでも出品してみよかな。
出品後の画面はニューバージョンで見れるんだろか?現在の出品商品は前のままだし・・・

それにしても雨降り過ぎ。。。
Bye bye for now !!

Which is the Witch

スカイ・クロラ

「僕はまだ子供で、ときどき、右手が人を殺す。その代わり、誰かの右手が、僕を殺してくれるだろう。」

の原作が読みたいなと思っていたら、昔はまったS&Mシリーズの短編集が出るみたいです。

「どちらかが魔女」(S&Mシリーズの短編集)


こちらも同時発売
「僕は秋子に借りがある」

読んでない本が溜まってるし、そのうち古本探すかな・・・
そういえば、ずっと探している「四季」の愛蔵版もエライ高値でしか売ってない。

森博嗣の浮遊工作室
MORI LOG ACADEMY

Bye bye for now !!

IETester

今日もまたIEの挙動にイライラしつつ、結局うまく回避できず・・・

FireFoxメインでIE6でも確認しつつ、問題なければ大方OKかなって感覚があったけど、久々にIE7でみたら理解に苦しむ状況に^^;ちょうど使えそうなソフトを見つけたので、この機会にすべてIE7にUPしました。

IETesterは「IE5.5」「IE6」「IE7」「IE8 beta1」の表示確認ができます。XPとVista環境でIE7がインストールされていれば上記のIEの4つのVerでチェック可能になります。alpha版と言う事で、不具合もあるようですが、表示確認するのには問題ないかなって感じです。

インストール手順
http://www.my-debugbar.com/wiki/IETester/HomePageからファイルダウンロード。
今日現在「IETester v0.2.2 (23.8MB) 」です。

ごく普通なのですが・・・「拾ってきたファイルをダブルクリック」→「I Agree」→「必要な部分チェック(デフォルトでOK)」→「インストール先選択(デフォルトでOK)」→「完了」

日本語化ファイルを配布してくれているサイトもあるようですが、今のバージョンはデフォルトで日本語化ファイルが入っています。エクセル2007風な外観で色変更も出来ます。黒がいいかな。ちゃんとタブブラウザだしヨイ感じです。タブをドラッグしてウインドウの右の方に持っていくと、並べることも出来ます。SSは小さくしてますが、うちのモニター(21インチワイド)で、全画面なら4つ並べても何とか見れますね。動きがおかしなとこもありますけど、軽いし便利なので、ありがたく利用させてもらおうかと思います♪

Bye bye for now !!

浅き川も深く渡れ

「浅き川も深く渡れ」
星野さんが小学校の卒業文集に書いた言葉。12歳の少年がどんな思いで書いたのでしょう。鼻水垂らしてファミコンやってた私とはえらい違いです。せめて星野さんも鼻水垂らしていたと思いたい。

遅くなりましたが、先日のエントリにミリギロックさんから頂いたコメントに対する返信も含む内容です。

「例えばその、アラスカの自然の中でクマっていますよね。
僕、クマって一番スゴイのは何かっていうと、一撃で人間を倒せるからだと思うんですよね。」

「僕はなんかそういう記事を見ると、 ほっとする部分もあるわけです。」

星野道夫の言葉より抜粋

「ほっとする」
揚げ足を取って、不用意な発言とするには無理があるし、もちろんそんな事ではないだろう。
ミリギロックさんの言われるように
「本当の自然の中では人は何て脆い生き物なんだろうと、気づかせてくれる存在」つまりはクマは「畏れ」を取り戻させてくれる存在と言う事なんだと思います。

随分前ですが、ジェネジャンに声楽家の米良美一さんが出演されていました。テーマはスピリチュアルな感じでしたので、怪しげな?m(__)m面々だったのですが、その中で米良さんが「愛が足りない」「神様がいない」と言う内容の発言をされていました(以下、記憶が曖昧なので自分の考えで装飾されています)
「愛が足りない」と言うのは、出演者の他の面々に対する言葉だったので意味合いは違うのですが、「神様がいない」と言うのは、宗教的なものでもオカルト的なものでもなく、神様と言う超自然的な存在を心の何処かに感じていれば「畏れ」が生まれて謙虚になると。そういう存在が心の中にいない。あるいはそんな気持ちが少ないと。

何か堅苦しい感じですが、「食べ物を残すと勿体無いお化けが出る」とか「悪い事をすると罰が当たる」とか、昔からある躾の中にある神様(お化け、罰を与える者)と同じなんだと思います。そういった目に見えない存在を感じる心が足りないって事ですね。

ちょっと飛躍しているのかもしれませんが、星野さんの言葉も、ミリギロックさんの解釈も同じなのではないでしょうか。自然に対して「畏怖の念」「畏敬の念」もって身を清くしましょうって事かなと思います。

このブログタイトル「Northern Lights」の前は「ノーザンライツ」その前は「snowの因果応報」でした。それも上↑の様な思いを込めてつけたのですが、ちょっとカッチカチ過ぎですね。

●討論後のヨイトマケの唄(すばらしい!)

●「地球交響曲第3番予告」(上記引用部の言葉)

●浅き川も深く渡れ

●紹介していただいたブログ
思考の種 (該当のエントリ)
星野道夫公式サイト

魔法の言葉に感謝して。。。

Bye bye for now !!