銀色のシーズン

イオン各務原ショッピングセンターのシネコン、ワーナー・マイカル・シネマズで海猿ならぬ雪猿が活躍する映画「銀色のシーズン」を観てきました。
心のドコカを強く刺激するワクワクする映画ですね。舞台は長野県白馬村の八方尾根スキー場。

雪山のバカ3人のようになにか「くだらねぇこと」見つけないとね!
昔、ある人に海外で「愛すべき馬鹿達」って言われたの思い出しました。

スポンサーであるAsahiのサイトで結構長時間のメイキングが観れます。
主人公の城山銀のマテリアルは板(Re ism)、ブーツ(ノルディカ)、ストック(リテイラー)違ってるかも?誰かがヘストラグローブ使ってましたね。

みなさん雪山へでかけましょ♪

No guts, No glory, Go for it!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。