森と氷河と鯨

森と氷河と鯨―ワタリガラスの伝説を求めて

ずいぶん長く本棚の飾りになっていた本を読み始めた。
敬愛する星野道夫氏の著作である>敬愛?飾りなのになんてつっこみはなしで(汗
と、文章を書きつつ氏の公式ページを覗いたら

星野道夫トーテムポールプロジェクト(終了)

なるものが発足していた。
スイッチ・パブリッシング社のページに詳細が載っているが、
ガイアシンフォニーの龍村仁監督始め、瀬戸内寂聴さんなどが
賛同者として参加しているようです。近いうちに間違いなく参加!

「見えないものに価値を置く世界」には大切な何かがあるのでは。。。

と・・・またしばらく飾りに・・・(汗)
写真が大部分なのできっと読めるでしょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。